読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅地にパチンコ店はいらない 高野ひろっぱ-パート28-を開催しました

f:id:takano1stpchinko:20150725194111j:plain

f:id:takano1stpchinko:20150725182353j:plain

f:id:takano1stpchinko:20150725182312j:plain

f:id:takano1stpchinko:20150725190213j:plain

f:id:takano1stpchinko:20150725194953j:plain

f:id:takano1stpchinko:20150725203214j:plain

f:id:takano1stpchinko:20150725203352j:plain

f:id:takano1stpchinko:20150725204220j:plain

パチンコ店計画の現状は、計画業者が大阪地裁において「建築確認不適合判断を取り消せ」として訴訟を提起し審理されています。あわせて最近わかったのですが、計画業者は京都市を相手に営業が計画通りにできなかったということで損害賠償(12億円)の訴えを起こしました。近隣住民としては、計画業者の徹底抗戦ぶりに・・・です。住宅地のど真ん中に大型パチンコ店を作ろうとする計画業者の方針変更を望みます。あわせてカナート洛北の駐車場計画(パチンコ店計画と一体のもの)も取り止めて欲しいと思います。